Ever Green

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

HAKODATE

d0001745_17144554.jpg

NIKON D3X

僕の好きな函館の旧市街地での光景です。
この写真を含めて過去3回分はロマンチカロマンティコの店先の様子でした。
by ayrton_7 | 2011-07-30 17:11 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(4)

HAKODATE

d0001745_16504722.jpg

NIKON D3X

 国民全体の人口が減少している状況で、雇用の受け皿のない地域から、受け皿のある地域へ人が移動してゆきます。当然、前者は寂れてゆき、後者は賑わってまいります。
 都市・地域経済学では、人が住む地域を選択することを『足による投票』と呼んだりします。各都市を経済主体として考えるならば、住民の獲得に関して自由競争にさらされているのです。
 ここで誤解されたくないのは、競争という言葉です。都市間の競争とは、街を魅力的にすることにおいて競い合うことなのです。
 残念ながら財政的な余裕はありません。限られた予算の範囲でできることは何か考えていかなければなりません。

 この写真の店舗は、函館市民が滅多に足を運ばない地域に立地しました。しかしどうでしょう、平日の午後にもかかわらず、客が多いことに驚かされます。街が魅力を増すための一つのヒントがあるように思います。
by ayrton_7 | 2011-07-28 01:52 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(2)

HAKODATE

d0001745_15475713.jpg

NIKON D3X

カリカリな仕上がりが好きな昔からのNIKONファンには、つまらないズームレンズに思えてしまうのかもしれません。
また、単焦点レンズをとっかえひっかえして撮影することこそが写真撮影なのだと、思っている人にはつまらないレンズに見えるかもしれません。

このレンズ、絞り開放時には全てのズーム域でボケが柔らかく美しいのです。
だからといって極端にボケるわけでもなく、合焦部分がキリキリに仕上がるでもなく、自然な感じに描写します。
しかも、逆光にはめっぽう強いのです。
このレンズと同じナノクリスタルコートを施したNIKKOR 14-24mm F2.8の出来があまりにも良すぎて影が薄くなっていますが、実際はキャノンや定評のあるタムロンの標準ズームよりも数値性能で勝っています。

特別でない光景を、差し引くでもなく、かといって加えるでもなく描写できること、それがこのレンズの強みではないかと思います。
by ayrton_7 | 2011-07-27 13:21 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(8)

HAKODATE

d0001745_13371940.jpg

NIKON D3X

実は26日にアップするのをサボったので、27日にアップしました。
小学生の頃の絵日記を後から描いた感覚ですね。笑
by ayrton_7 | 2011-07-26 13:36 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(0)

ESHASHI

d0001745_2341120.jpg

NIKON D3X


検索用語、D700 ファインダースクリーン で、ここのブログにやってくる人が多いのは前から知っていましたが、ファインダーのことを述べると反応が多かったのには驚きました。
 
多くのユーザーがオートフォーカスを使用していること、フォーカスポイントでのみ焦点を合わせているかそうでない場合はフォーカスロックを使用している(明るいレンズではフォーカスをロックしてもコサイン誤差が馬鹿にならないが)という状況から、スクリーン上の無限にある任意のポイントにマニュアルでフォーカスしようなどという発想が殆ど無いことを理解しておかなければなりません。
by ayrton_7 | 2011-07-25 02:19 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(4)

ESHASHI

d0001745_14383956.jpg

NIKON D3X

非常に弱い自然光(屋外は雨が降っている)の中で白熱電灯が灯っています。
D7000以降のオートホワイトバランスはかなり改善されているとのことですが、撮影後かならず調整の手が入ると想定されるプロ機ということもあるのでしょうけれど、D3Xのオートホワイトバランスに頼るととんでもない色合いになってしまいます。

この調整の手間はかなりのもので、EOSデジタルのみのユーザーにはわからない苦労です。
キャノンがデジタル一眼レフを発売した頃、ニコンはF6を送り出そうとしていました。
スタートの時点でニコンは遅れをとっていました。
その後、フルサイズの撮像素子を持つEOS1Dsが2002年発売されたのに対して  ニコンのD3は2007年に発売されました。
専用のRAW現像ソフトを含めて、デジタル処理に関する部分でかなり遅れをとっているような印象を受けます。

ただし、広角から標準域にかけての最新のレンズの性能は、最新の撮像素子の性能を十分に引き出すだけの能力を持っており、この部分に関してはキャノンよりも先を行っているようです。

なんども同じことを書いてまいりましたが、もう一つニコンに注文するとするならば、F1.4よりも明るいレンズに対応したファインダースクリーンを用意して欲しいことです。
現在、ニコンが企業として想定しているのはオートフォーカスでの撮影で、マニュアルフォーカスでの撮影はほとんど考えられていないのでしょう。
マニュアルフォーカスでの撮影は、今後、ミラーレス一眼カメラに取って代わられる可能性が高いと思われます。
なぜなら、撮影後のボケ具合を確認しながら視野率100%で撮影倍率100%以上で表示することが可能だからです。
ネットを眺めていますと、ミラーレス一眼を一眼レフカメラの偽物のような扱いで批判をうけていたりします。
しかし一眼レフカメラは、ファインダーが命なのです。
現在のオートフォーカスを優先した一眼レフカメラはファインダーを軽視しています。
その一方で、ミラーレス機はファインダーを充実させてきているのです。






参考に撮ったままの画像も貼り付けておきましょう。

More
by ayrton_7 | 2011-07-24 14:38 | NIKKOR 35mm F1.4 G | Comments(10)

ESHASHI

d0001745_12303471.jpg

NIKON D3X

江差町にある旧関川家別邸

小学生時代、夏休みになると墓のある滋賀県の甲崎町(現在は彦根市に編入)で過ごしました。
そこには祖父祖母が住みながら守っていた家があったのです。
家は江戸時代からのもので現代の建築とは異なっており、子どもの私には興味深いものでした。

この江差の旧家に来るとその家を思い出し、帰ってきたように思うのです。
by ayrton_7 | 2011-07-23 12:30 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(4)

ESHASHI

d0001745_326223.jpg

NIKON D3X
by ayrton_7 | 2011-07-22 02:43 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(0)

HAKODATE

d0001745_329457.jpg

NIKON D3X

17日にアップした写真の建物を駐車場から眺めた様子です。

煉瓦塀の真ん中が沈んで両端が高く見えるのは、レンズの収差のせいかと思いました。しかし、一階の屋根の庇が直線上に並んでいるのを見て、やはり塀の方がゆがんでいるのだと確認しました。
by ayrton_7 | 2011-07-21 03:29 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(2)

HAKODATE

d0001745_15442997.jpg

NIKON D3X

日の丸こうずー!笑

17日、あまりに蒸し暑くて涼しいところを求めてたどり着きました。
日差しはきつかったですが風が気持ちよかったなぁ。
by ayrton_7 | 2011-07-20 13:16 | NIKKOR 24-70mm F2.8 | Comments(3)