Ever Green

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

島居邸

d0001745_3104430.jpg

X-E1

二階窓の手すりにアーチ状のスリットが開けられています。


d0001745_315786.jpg

X-E1

玄関横の元は応接室だったと思われるところに円形の窓、正面はアーチ型の窓が設けられています。
塀はブロック状に小さく加工された石を積み重ねており、角は弧を描いています。
by ayrton_7 | 2013-01-31 03:17 | XF18-55mm | Comments(0)

島居邸

d0001745_1332446.jpg

X-E1

尾道の昭和初期の住宅の名建築である島居(しまずい)邸が、宿泊施設として改装されました。
これから、紹介してまいりたいと思います。
by ayrton_7 | 2013-01-29 13:35 | XF18-55mm | Comments(2)

尾道水道

d0001745_783380.jpg

X-E1

瑠璃山(浄土寺裏山)山頂からの光景

小説『とんび』(重松清 著)は架空の町『備後市』を舞台にした人間ドラマです。
登場する人たちは、どんな苦しい環境であっても明るく支え合うような人情味のある人たちばかりです。

備後市は存在しませんが、備後とは令制国の備後国に相当する地域のことで、福山市・尾道市・府中市・庄原市・三次市・三原市が該当するとのことです。

実際、尾道の人たちに接していると、『とんび』の世界がそのままその場にあるように思われるのでした。

大変失礼させていただいています
by ayrton_7 | 2013-01-28 10:28 | XF18-55mm

monolom:

d0001745_20563598.jpg

X-E1
by ayrton_7 | 2013-01-26 21:01 | XF35mm

monolom:

d0001745_22192073.jpg

X-E1
by ayrton_7 | 2013-01-25 23:00 | XF35mm

帰途

d0001745_6355520.jpg

X-E1
by ayrton_7 | 2013-01-24 19:57 | XF35mm

帰途

d0001745_2252888.jpg

X-E1
by ayrton_7 | 2013-01-23 02:23 | XF35mm

パン屋航路

d0001745_11105854.jpg

X-E1
by ayrton_7 | 2013-01-22 04:42 | XF35mm

『あくびカフェー & あなごのねどこ』の夜

d0001745_2493226.jpg

X-E1

d0001745_2521652.jpg

X-E1

d0001745_2555155.jpg

X-E1
by ayrton_7 | 2013-01-21 02:50 | XF35mm | Comments(4)

あくびカフェー & あなごのねどこ

d0001745_21102654.jpg

X-E1
写真左奥に昨日アップした写真の路地があり、『あなごのねどこ』に通じています。
その路地の右側に見える店舗が、『あくびカフェー』の側面です。

このように敷地の間口が狭いのは、江戸時代、間口の』広さで税金の大小が決められていたときの区画割りを継承しているからであると考えられます。

『あくびカフェー & あなごのねどこ』は、尾道商店街にあった店舗を改装して作られたCAFE & BARであり、ゲストハウスです。
改装にあたり、廃校になった小学校の備品や廃材を利用しています。

この店舗の改装にあたり、尾道では空家を再生するプロジェクトが行われていて、その考え方を支持する人たちが協力して改装を行ったと聞いています。

古い家を活かし古い素材を利用しているため、天然の素材で殆どが作られています。
良い物は残してゆこうという気持ちと、素材の優しさが、利用するお客に伝わってくるのではないでしょうか?
by ayrton_7 | 2013-01-20 21:22 | XF18-55mm | Comments(2)