Ever Green

<   2013年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

良いねぇ

d0001745_13405179.jpg

EOS 5D Mark2

良いポーズしてくれたけれど、日影の中でした。笑
これは猫のせいではなく、もっと早い時間に来ない僕のせいです。
by ayrton_7 | 2013-10-26 13:38 | EF 50mm F1.2 | Comments(4)

かいかい

d0001745_1317250.jpg

EOS 5D Mark2

夏空は、気持ち良いなぁー
by ayrton_7 | 2013-10-26 13:17 | EF 50mm F1.2 | Comments(0)

目線ちょうだい!

d0001745_13563314.jpg

EOS 5D Mark2

動物が相手だと良い構図の中に納まって、さらに目をカメラに向けてもらうのは困難の技です。
by ayrton_7 | 2013-10-26 13:04 | EF 50mm F1.2 | Comments(0)

ゴライアスクレーン

d0001745_12262734.jpg

X-E1

広島県三原市にある幸陽船渠株式会社です。
かつて函館市の経済を支える産業に造船がありました。
今や函館の地域経済衰退の原因のひとつが造船不況であったと納得された私の目には、一方でこのようにいくつものゴライアスクレーンを稼動させている造船所を見ると、まるでCGで描かれた世界のように見えました。
地域経済の衰退を、単に造船不況だけに原因を求めるのは誤りだと思うのでした。
by ayrton_7 | 2013-10-26 12:27 | 随想 | Comments(0)

きみといっしょに

d0001745_1363455.jpg

EOS 5D Mark2

時として被写体が近寄りすぎることがあります。
暗くてシャッタースピードが1/8でブレてますし、ピンボケにもなっていますが、撮影時のユーモラスな一コマということでアップしました。
by ayrton_7 | 2013-10-23 13:08 | 35mm F1.4 DG HSM | Comments(3)

きみといっしょに

d0001745_22354564.jpg

EOS 5D Mark2
ISO1600 SS 1/25 F1.4 マニュアルフォーカス

オートフォーカスも効かず、ファインダーを覗いてピントを合わせることも非常に困難な状況の中で撮影しました。
したがって、多くはピンボケだらけでしたが、この写真は背景の光線が猫の輪郭を浮かび上がらせてくれましたので、どうにか焦点を合わせられたのでした。

デジタルカメラの性能が向上し、光が乏しい状況での撮影が可能になる一方で、焦点を合わせる機能に関してはまだ改善されていないようです。今後は、この分野で技術革新がなされていくのではないでしょうか。



by ayrton_7 | 2013-10-22 22:20 | 35mm F1.4 DG HSM | Comments(1)

やすらかなときへ

d0001745_16522395.jpg

EOS 5D Mark2

聖観音菩薩立像
髪、右腕、右足先を失っています。

父が歴史好き、美術好きということもあって、子供の頃から身の回りに日本の古代から鎌倉にかけての仏教系の写真集があったり、日曜の朝から『真珠の小箱』という教養番組に付き合わされたりしていました。

そのせいか、仏像を観るのが好きです。
この仏像は、ネットオークションで手に入れました。
by ayrton_7 | 2013-10-20 16:05 | 35mm F1.4 DG HSM | Comments(4)

やすらかなときへ

d0001745_16364758.jpg

X-E1

聖観音菩薩立像
髪、右腕、右足先を失っています。
衣の襞の間隔と厚みに変化をもたせることで、たかだか30cmにも満たない彫像であるにもかかわらず、スケールの大きい像であるかのように見せてくれます。
玉目の使用、リアリティ溢れる表現から、鎌倉時代の様式かと思います。
by ayrton_7 | 2013-10-19 16:37 | XF23mmF1.4 | Comments(0)

やすらかなときへ

d0001745_16401442.jpg

EOS 5D Mark2


by ayrton_7 | 2013-10-19 15:27 | 35mm F1.4 DG HSM | Comments(2)

安らかなときへ

d0001745_12563571.jpg

EOS 5D Mark2

ピンボケですが、もう一枚
by ayrton_7 | 2013-10-19 12:54 | 35mm F1.4 DG HSM | Comments(0)