Ever Green

Dolls

d0001745_3145673.jpg

EOS 5D MarkⅡ

(注) オークションの作例に使用されることを禁止いたします。







プラナーとは、ツァイス社のパウル・ルドルフが1897年に発明したレンズで、それから100周年を記念して1000本限定して作られたのがこのレンズです。
その後、各社から販売される標準レンズは多かれ少なかれプラナーの影響を受けています。
在る意味、プラナーは現代のレンズの師匠のような存在であり、100周年記念レンズともなると『レンズとはかくあるべき』というツァイス社からの解答的な存在であります。

普通、カメラ用のレンズは絞り開放状態ではシャープな像を結ばず、在る程度絞りを絞らなければなりません。
しかし、このレンズは絞り開放からカミソリのようにキリキリなまでにシャープな像を結びます。
しかも、そのピント面は紙一枚ほどに薄いのです。
となると、ピントを外すと直ぐに分かってしまいます。
他社から焦点距離50mmf1.2クラスのレンズが販売されていますが、このレンズほどピント面の薄いレンズは無いようです。
したがって、非常に高性能な為に非常に扱いづらいレンズになっています。

コントラストが高く(=ヌケが良い)、白色の表現が非常に美しいところに特徴があります。
by ayrton_7 | 2010-04-26 03:15 | Planar 55mm F1.2