Ever Green

おひな様

d0001745_14124082.jpg

EOS 5D

函館工芸舎にて。
1月15日撮影。

上のおひな様の男雛が凛々しいと思われた方は
応援ポチッとお願いします。
    ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

EOS 5Dは発売当初、なにかとNIKON D200と比較され、ネット上では酷評されていました。
ところがどうでしょう、ライバルとされたD200は撮像素子に問題があり、高輝度部分でクシ状のノイズが発生しました。
当初、ニコンはソフトウェアに変更を加え画像処理でノイズを押さえようとしましたが、根本的な解決は出来なかったように覚えています。そもそも、撮像素子の異なるカメラを同じ土俵で比較すること自体間違っていると思いました。

結局、EOS 5Dは、デジタル一眼レフカメラの歴史の中に名を残す名機となりました。
EOS 5Dの解像感とノイズの少なさは、いまだに現役で通用する能力を持っています。

なぜ今頃EOS5Dの発売当初の話をするのかというと、フジのX-pro1のネット上での批判が当時のEOS 5Dを思い出させるほどの酷評だからです。
フルサイズ換算で約28mm相当の18mmのレンズに対する評価は特に酷いのですが、このレンズがF2の明るさを持っていることを無視しているようです。つまり、このレンズは絞りを絞ってシャープさを究めるということを狙っているよりは、絞りを開放気味で撮影して背景のボケを楽しむレンズなのです。
このレンズだけでなく、今回発売されたレンズ全てに言えることですが、アウトオブフォーカスのなだらかな美しいボケを評価すべきであると思います。
by ayrton_7 | 2012-02-22 14:14 | Distagon 35mm F1.4