Ever Green

Gymnopédies(ジムノペディ)

d0001745_5195398.jpg

NIKON D700

オートフォーカスについて思うことをMoreに




ある時、20代の人と会話していてオートフォーカスについて触れたところ、「オートファーカス(以降AFと略す)って、何ですか?」と尋ねられ、少し驚いたことがありました。

現在の殆どのカメラは、人が手動で焦点を合わせることもなくカメラが自動的に合わせてくれます。
このようになったのは、1985年ミノルタのα7000という一眼レフカメラの発売が大きなきっかけとなりました。



現在のAFカメラは、焦点を合わせたい箇所にファインダー内の■で表示されたフォーカスポイントを持ってゆきます。
ファーカスポイントが少ないと、思ったところでAFできません。
逆にファーカスポイントが多いと、どのポイントで焦点を合わせるのか指定するのに手間取ります。
また、現在のAFカメラはファーカスポイントが中央に集まっているために、画面の周辺でピントを合わせるのが困難であったりします。

一方、人が手動で焦点を合わせるマニュアルフォーカス(以降MFと略す)は、全面マットスクリーンを使用した場合、ファインダー内のスクリーンのどの部分でもピントを合わせることが可能です。
いわば、AFで言えばフォーカスポイントが無限にあるようなものです。
ピントが合っているかどうかは、ピントを合わせたい部分以外がボケているようにします。
つまりMF時代のファインダーは、焦点(ボケ)の確認がしやすく出来ています。
AFが焦点を合わせたい部分にフォーカスポイントを指定する時間を考えると、むしろMFの方が合焦に要する時間は短くなります。
AFに優位性があると考えられるのは、ファーカスポイントが既に指定されている場合に合焦までの時間が短いのと、動いている被写体を追尾する仕組みがあるぐらいです。

ソニーからデジタル一眼レフα900が発売されファインダーの良さが売りになっていますが、実はMFしやすい構造になっているのです。
それが分からない人が買っているとすると、宝の持ち腐れだなぁと思っています。

私がなぜファインダーにこだわるのかというと、AFのレンズは一本しか持っておらず、主力がMFレンズだからなのです。
先にNIKON D700のスクリーンを谷山氏のtalbergスクリーンと交換した話しに触れましたが、f1.4よりも明るいレンズでMFを行う場合、ピント検出能力は多分α900のそれよりも勝っていると思われます。
キヤノン純正のEOSデジタル用に特別に用意されたスクリーンは、f2.8よりも明るいレンズ用となっています。
talbergスクリーンよりもMFしやすいレンズの範囲を広くなっていますが、f2.8よりも明るければ一様にピントを合わせやすくなるのではなく、f2.8あたりのレンズでMFしやすくなっているのに注意しなければなりません。
by ayrton_7 | 2008-11-01 05:08 | ZF Planar 50mm F1.4