Ever Green

2008年 09月 13日 ( 1 )

尾道2008夏

d0001745_1030735.jpg

NIKON D700
カメラマガジン第6号、加納満氏の『記憶の尾道』にリスペクトを込めて。

加納満氏はノクトンクラシック 35mmF1.4一本で尾道を撮影しておられました。
現代の最新レンズは解像度やコントラストを高くすることを目標としているのですが
ノクトンクラシックは描写の味を重視し、数値性能においては写りの悪いレンズなのです。
陽が傾いた光りが弱い状況下で白黒フイルムを使用して撮影しておられます。
その作品は、モノクロの版画あるいは水墨画の世界のようです。

More
by ayrton_7 | 2008-09-13 10:30 | ZF Planar 50mm F1.4