Ever Green

カテゴリ:Distagon 28mm F2( 24 )

大丈夫

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO100 f8 1/250
d0001745_12291776.jpg

by ayrton_7 | 2006-10-30 12:29 | Distagon 28mm F2

たとえ明日がどんな日であっても

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO100 f5.6 1/500
d0001745_103092.jpg


最近、非常に多忙で更新する事が出来ませんでした。
また、カラーポジや白黒ネガ、ブローニーなど様々なフイルムでの撮影を楽しみましたが、現像が出来上がるまでにもうしばらく時間がかかりそうです。
久しぶりにフイルムを使ったり、初めてのカメラを使用したりで、巻き上げに失敗したり、失敗したと思って再度使用したために多重露光になってしまったりで苦闘していました。

市松人形の展示が、はこだて工芸舎でありました。非常にすばらしいものでしたが、仕上がってきたフイルムは多重露光になっていました。後から現像に出したフイルムにも市松人形が入っていれば良いのですが。
by ayrton_7 | 2006-10-29 10:31 | Distagon 28mm F2

また明日

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO100 1/500
d0001745_0115974.jpg

若干、トリミングしました。
絞りは覚えていないのですが、4か5.6だったと思います。
5.6ならば、シャッタースピードがはやいではないか?と思われますが、-1の露出補正を常に設定しているので不思議ではないのです。

この写真とは関係ありませんが、今日、CONTAX Tを初めて使いました。
感想は、『すごく楽しい!』というものです。
まず、その小ささに驚きます。約200グラムしかありません。
しかも、思ったところにピントを合わせられます。T2やT3では、撮影者ではなくカメラがピントを合わせますので、本当に撮影者が焦点を合わせたいところに合っているのかどうか不安になります。
そして、機械としての造りの細かさに驚かされます。一方では、脆弱さも理解できます。
でも、一日にして、このカメラの魅力に虜になってしまいました。
by ayrton_7 | 2006-10-22 00:12 | Distagon 28mm F2

夏の彩り(5)

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO100 f5.6 1/800 露出補正-1
d0001745_11155743.jpg

by ayrton_7 | 2006-06-25 11:16 | Distagon 28mm F2

夏の彩り(4)

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO100 f5.6 1/1000 露出補正-1
d0001745_0361996.jpg

by ayrton_7 | 2006-06-24 00:36 | Distagon 28mm F2

夏の彩り(3)

EOS 5D Distagon 28mm f5.6 ISO100 f2 1/2000 露出補正-1
d0001745_31954100.jpg


駒ヶ岳と大沼です。走る車の中から撮影しました。
by ayrton_7 | 2006-06-23 03:24 | Distagon 28mm F2

夏の彩り(2)

EOS 5D Distagon 28mm f5.6 ISO100 f2 1/1000 露出補正-1
d0001745_10173552.jpg

by ayrton_7 | 2006-06-21 10:10 | Distagon 28mm F2

初夏の彩り

EOS 5D Distagon 28mm f5.6 ISO100 f2 1/1000 露出補正-1
d0001745_159333.jpg


緑の山に青い空、そして白い雲。
子供の頃に描いたような構図で、つまらない写真です。笑

でも、このときの景色の色合いに目を奪われました。
北海道の夏は湿度が低いために、あたかもPLフィルターを使って見るような光景を裸眼で眺めることができるのです。
by ayrton_7 | 2006-06-20 02:01 | Distagon 28mm F2

冬の情景・函館編(3)

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO1800 f4 1/25 露出補正-2
d0001745_3383866.jpg


 ハリストス正教会です。ライトアップの照明が明るすぎるため、回りの雪を写し込もうとすると教会が白飛びします。ノイズが少ないために暗いところでの撮影に強いEOSデジタルにとっては、ライトの明るさをもっと押さえて欲しいところです。
 日本の三大夜景として、神戸、長崎、函館があげられます。100万ドルの夜景、という言葉を最初に使ったのは神戸だそうです。それは、昭和20年代の神戸の電灯の一ヶ月の電気代をドルで換算した値だそうです。
 函館の場合、普通の街よりも街灯が多く設置されているようです。これは、観光政策上行われているもので、午後10時を過ぎるとそれらの一部が消えて(半分が消えるのか?)暗くなります。
 神戸生まれの私にとっては、フェアーに戦って欲しいと思うのでした。笑
by ayrton_7 | 2006-01-28 03:38 | Distagon 28mm F2

冬の情景・函館編(2)

EOS 5D Distagon 28mm f2 ISO1800 f4 1/30
d0001745_211092.jpg

by ayrton_7 | 2006-01-27 02:02 | Distagon 28mm F2